WEBブラウザで本格的3Dを実現するWebGL

WEBサービスを構築するために必要な技術

WEBブラウザで本格的3Dを実現するWebGL WEBサービスを構築しようという場合に必要となるスキル、あるいは持っておいた方が良いスキルにはどのようなものがあるのでしょうか。もちろんいくらでもあるに越したことはありませんが、最低限HTMLとCSSに関するスキルは必須のものとなります。これだけでも、アイデアと工夫次第で素晴らしいWEBサービスを開発することは十分に可能です。しかし、より派手な演出や便利な機能を取り込みたいと言う場合には、他のスキルが必要となってきます。

JavaScriptのスキルを磨いておけば、実現することができるWEBサービスの幅は非常に大きなものとなってきます。プログラミングの世界は奥が深いですが、ライブラリの使い方がわかるようになれば、jQueryのようなプログラミングを大幅に簡略化することができるものを利用できるようになるでしょう。また高度の3Dグラフィックの表現や、複雑なギミックもJavaScriptで実現することが可能です。

またPHPやPython、Rubyといったサーバサイドのスクリプト言語をマスターすることで、さらにWEBサービスの幅を広げることができます。これによってサーバ上に設置されたデータベース等を利用することができるようになり、本格的なWEBサービスが開発できるようになるでしょう。